洋菓子を作る人|バリスタを目指すならまずは資格から|夢に近づく

バリスタを目指すならまずは資格から|夢に近づく

男の人と女の人

洋菓子を作る人

スイーツ

チームワークが大切

ケーキを作る人をパティシエと呼んでいます。現在はケーキをはじめとした洋菓子は日本人の食生活には欠かせない食べ物になっています。一口に洋菓子といっても、その種類は実に様々です。普段私たちが何気なく口にしていても、専門的に見てみると実に多種多様な洋菓子が存在しています。それぞれの洋菓子に個性や特性がありますので、そのことを理解するのがパティシエへの第一歩になります。個人で小さなお店を持っているパティシエを除いては、ケーキ作りは分業して行われています。生地の担当者やオーブンの担当者、仕上げの担当者など分業体制が確立されています。ケーキ作りは少しの過ちが大きな致命傷となる繊細な仕事です。見た目が美しくおいしく食べてもらうためには、スタッフのチームワークが何より必要になってきます。

製菓専門学校へ行く

パティシエになるためには昔ならば、ケーキ店や職人に弟子入りして現場で学ぶという修行の仕方もありました。その場合はいきなり現場に出なくてはなりませんので、学ぶ時間もなく忙しい毎日に流されるばかりになり、運がよくなければ夢の実現は厳しいものでした。パティシエになる最短の道は、製菓学校に通うことです。技術を基礎から学んで、応用までよく考えられたカリキュラムのもとで、専門的な内容ばかりをみっちりと教えてくれるので、この学校を卒業した後は即戦力として就職することが多くなっています。このような専門学校であれば、レストランや大きなホテルなどともコネクションを持っていて、求人も多くあり自分が希望する就職先に行きやすくなります。