職人になりたい|バリスタを目指すならまずは資格から|夢に近づく

バリスタを目指すならまずは資格から|夢に近づく

男の人と女の人

職人になりたい

パン

職場が変わる

日本の場合大手のメーカーが生産するパンが行き渡ったために、製パンの仕事が工場での流れ作業という認識が強かったため、職業としては製パンの仕事はあまり視野に入りにくい職業でした。製パンは調理の一分野としてみなされる傾向があって、製パンの技術者としてこの職業に入ってくる人の数も、限られていました。町に手作りのパン屋さんが定着したころから次第に製パンの仕事が注目されるようになって、特に最近は希望者が急増しています。女性のこの分野への進出は目覚ましく、現在では就職する半数以上は女性が占めています。もともとは男性中心の職場でしたが女性の進出によって、この業界にも新しい風が吹き込まれ職場の姿は大きく変わろうとしています。

製菓学校ならばじっくりと

通常の調理師学校でも製パンの基礎は授業に含まれていますが、製菓学校ならばよりじっくりと学ぶことが可能になっています。製パン専門の学校ならば、さらに深く学べるのは間違いがありません。ですがこのような学校は数が少なくなっています。学校に通うメリットは、設備や機械の環境に恵まれていることや、料理の全般や食品衛生学、栄養学といった知識も学ぶことができる点です。店の中ではわからない業界全体のことや、世界のパンについて幅広く学ぶことが可能になっています。また、実習活動を設けている専門学校もあります。研修先となる製菓店やパン屋さんで、実際に働く経験ができます。この経験は就職した際に役立つことでしょう。