バリスタを目指すならまずは資格から|夢に近づく

調理器具

カフェに勤めるには

飲料

コーヒーの淹れ方を学ぼう

最近よく聞く言葉にバリスタがあります。バリスタとは、もともとイタリア語で、バール(軽食店、酒場)のカウンターで、お客様からの注文を受けてコーヒーを淹れる職業のことです。コーヒーをよく飲むヨーロッパでは、バリスタの技能認定試験も実施されています。日本では、カフェラテの表面に温かくホイップしたミルクで絵を描くラテアートをするのがバリスタだと思われている節もありますが、本来はコーヒーなどの知識を幅広く持ち、接客のプロとして質の高いおいしいエスプレッソやカプチーノ、カフェラテなどを淹れるとともに、接客のプロとしてお客様が喜ぶサービスを提供するのがバリスタです。最近職業としても人気の高まっているバリスタですが、単にカフェに勤めるだけでは本当のバリスタにはなれません。専門学校やスクールで基本を身につけ、さらにカフェだけでなくさまざまな飲食店で数年間は修行をする、さらには本格的に海外で勉強をするなど、自ら工夫しながら勉強することが重要です。

幅広く学べるスクールへ

バリスタにはなるには資格は不要です。国家資格はありませんし、民間での資格は存在しますが、これがなくてもなることは可能です。しかし、バリスタという職業が定着しつつある現在においては、トップクラスを目指すため、あるいは技能を高めるためにも、資格を取ろうとする人も増えてきているようです。日本でも、コーヒー関連の協会が主催するいくつか民間の資格が存在します。本格的にバリスタを目指すのであれば、こういう資格を取得するのがよいでしょう。しかし個人で勉強しても簡単に取れる資格ではありません。というのも、単にラテアートを作ったりコーヒーを淹れる練習をするだけではなく、コーヒーの歴史、カフェ経営や接客の基礎も含めて学ぶ必要があるからです。そのためには、専門的なスクールに通うのが一番でしょう。さまざまなスクールがありますが、ラテアートなどの実践的な授業のほか、実際の店舗でのインターンシップがあったり、自分でカフェメニューを考える授業があったりするような、幅広いカリキュラムをそろえているスクールをお勧めします。

パティシエになれる

洋菓子

何の知識もないままパティシエにはなれないので、こういうときは製菓の勉強ができるスクールに行くと良いでしょう。ここでは基本的なテクニックやスキル以外に、必要になる製菓衛生師資格も同時取得できるので便利です。

Read More..

洋菓子を作る人

スイーツ

パティシエになる最短の道は、製菓専門学校に行くことです。充実したカリキュラムが組まれていて、基礎からみっちりと学習することができます。就職に関してもこのような学校はホテルやレストランとコネクションを持っていますので、就職がしやすくなっています。

Read More..

職人になりたい

パン

製パン業界も町のパン屋さんが増加してきたことで、職人になりたいと思う人が多くなっています。最近は女性の進出が多くなってきていて、業界にも新しい風が吹いています。製菓専門学校で学べば、基礎からしっかりと学習することができます。

Read More..